健康に悪影響を及ぼす鳩は対策をして解消しよう

ウーマン

飛んで来るのを防ぐ方法

はと

鳩の糞尿問題は全国各地で問題になっています。特にマンションなどの集合住宅では、ベランダに鳩が来やすいつくりになっています。鳩は安全な場所を好む生き物なため、本来人間が住んでいる場所には飛んでくることはありません。しかし、人間が好んで餌をあげる事が多いため人慣れした鳩が増えてきているのが現状です。また、集団で行動する生き物なので一羽飛んでくると仲間を次々と呼んでしまうことがあります。最も厄介なのが産卵です。鳩は一度に二個の卵しか生みませんが、産卵は年に四回行われます。雛は三ヶ月で巣立つと言われていますが、大人になってから巣立った場所に戻ってくる習性があると言われています。大人になった鳩が戻ってこない為にも、産卵を行う前に徹底した対策を行う必要があります。

鳩の対策には色々な方法があります。昔から人気なのがベランダにCDを吊るしておく対策方法です。こちらは費用の面でも安くすみ、効果もあると言われています。次に人気があるのがネットです。これはベランダにネットをかけておくだけで鳩が飛んでこないように防いでくれるものです。ネットをかけるだけなのでお年寄りでも簡単に対策することができます。もう一つは鳩専用の忌避剤です。忌避剤の一番のメリットは、ベランダの美観を損ねない事です。忌避剤だときつい匂いや人間への害が気になりますが、最近では鳩が嫌がるハーブ系の植物を使用したものが多く売られています。主成分が植物なため、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できるのが特徴です。効果も長持ちするものが多く、長いものでは一年以上効果が続くものもあります。もしもっと安全に行ないたいのであれば、専門業者への依頼も検討しましょう。いまは子供やペットがいる家庭でも問題なく使用が出来るような薬剤などを専門業者は利用しています。ただ全ての専門業者ではないので、予めの確認が必要になります。

害鳥への対応

ハト

騒音や糞による悪臭被害をもたらす鳩には、一度巣を作った場所に執着しやすいという習性があります。気配を感じたらすぐに駆除して二度と近づかないように対策を立てることが大事です。鳩避けネットの他、忌避剤やワイヤーなどの対策グッズを正しく設置することが重要になります。また、糞をすぐに掃除することも大事です。

もっと読む

迷惑なトコジラミの駆除

南京虫

日本でトコジラミの被害が増加傾向にあります。海外から持ち込まれた虫が日本に住み着いている事情があります。トコジラミ駆除のためには、複数回の薬剤噴霧が必要です。一回の噴霧で親虫は殺せますが、卵があれば生き残ります。被害を繰り返さないために、孵化する時期を見計らって再度の噴霧が必要です。

もっと読む

被害が増加しています

ハクビシン

ハクビシン駆除は、安全性と確実性を考慮し、専門の業者へ依頼するようにしましょう。野生動物ですので、想像以上の凶暴性や、思いがけない感染症のリスクがあるためです。また、ご自分で捕獲する場合も業者へ依頼する場合も、いずれも市町村の捕獲許可が必要な場合があります。

もっと読む