迷惑なトコジラミの駆除|健康に悪影響を及ぼす鳩は対策をして解消しよう

健康に悪影響を及ぼす鳩は対策をして解消しよう

メンズ

迷惑なトコジラミの駆除

南京虫

日本で増える被害

最近、日本各地においてトコジラミの被害が増えています。その背景には、温暖化による害虫の生育しやすい環境が広がると共に、海外との行き来が頻繁になっている事情があります。東南アジアなどを経由した荷物から落ちた害虫が、日本で繁殖を繰り返すという状態が続いています。害虫駆除会社によると、夜中に虫に刺されるので調査してほしいという依頼が増えているといいます。その殆どは、トコジラミによる被害だといいます。トコジラミ駆除は個人的な努力では限界があります。家庭用の殺虫剤が効きにくい上に、燻蒸などでも100パーセントの駆除は難しいのです。トコジラミ駆除は専門業者による駆除が必須です。トコジラミ駆除の主な方法は薬剤散布によるものですが、それを複数回行うことが必須です。

繁殖を許すと厄介な害虫

トコジラミは専用の薬剤で殺すことができます。しかし、害虫にピンポイントで噴霧する必要があります。薬剤噴霧から逃れた虫にも効果が出るように、残効性の高い薬剤が必要です。しかし、トコジラミの成虫は殺すことができても、卵には効き目がありません。そのため、1週間から2週間ほどの期間を開けて、複数回の薬剤噴霧が必要になります。トコジラミ駆除の薬剤噴霧の間の期間には、布団類にスチームアイロンを掛けることも有効手段です。熱を加えれば卵の状態のトコジラミも殺すことが可能です。但し、虫に刺される被害がなくなっても油断は禁物です。薬や熱を逃れた個体が数匹生き残っても危険です。完全なトコジラミ駆除のためには、半年ほどの期間の継続した対策が必要です。