被害が増加しています|健康に悪影響を及ぼす鳩は対策をして解消しよう

健康に悪影響を及ぼす鳩は対策をして解消しよう

メンズ

被害が増加しています

ハクビシン

意外と知らない生態

ハクビシンは、体長が約50センチですが、さらに尻尾が40センチあります。体重は3キロ弱ですので、小型犬程度と考えると良いでしょう。非常にジャンプ力があることが特徴で、1メートル程度の柵であれば簡単にジャンプして超えてしまいます。ハクビシンによる被害には、農作物被害と人間の家に住み着いてしまう被害があります。タヌキなどには効果的な柵による農作物被害対策ですが、ハクビシンの場合には他に物理的な侵入を防ぐ対策が必要となります。他にも、生ごみを荒らす被害があるため、自宅付近の生ごみの管理には特に注意が必要です。生ごみを目的としたハクビシンが、結果的に家の屋根裏に住み着いてしまうこともあるために、まずは寄せ付けない対策から始める必要があります。

撃退することは可能か

ハクビシン駆除には、市町村の許可が必要な場合があります。ハクビシン駆除に限らず、野生の動物は法律で捕獲が禁止されているためです。ハクビシンを有害な動物として指定している市町村が多いため、許可は比較的簡単に取得できます。これは、自分で捕獲する場合に限らず、業者に依頼して捕獲する場合にも同様ですので、手続きを忘れないようにしましょう。駆除には、ハクビシン駆除の実績がある業者へ依頼するのが安全で確実です。野生動物は想像よりも凶暴ですので、ケガを負わされる危険性が高いためです。また、傷口からの感染症のリスクもありますので、素人の駆除作業は危険です。ハクビシン駆除に精通した業者であれば、駆除後の痕跡を消す作業や、その後の侵入防止策についても適切な対策が可能です。